有限会社シンフォニア

愛知県岡崎市 Local Internet Service Provider

今日のサンスポに「国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出」という記事が投稿されています。

河野大臣の「デマに騙されないで」発言もあったことですし、現在の武漢ウイルス・ワクチンについての、ひとつの動きとして受け止めていただきたいと思いますので、ここに転載させていただきます。

ワクチン接種の中止を求める「新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会」(代表・高橋徳氏)は国会内で会見した=24日、東京都千代田区

新型コロナウイルスワクチンの安全性に懸念を訴える全国の医師ら計450人が24日、連名で接種中止を求める嘆願書を厚生労働省に提出した。
嘆願書に同意したのは国内の医師390人と地方議員60人で、発起人の高橋徳・米ウィスコンシン医科大名誉教授(クリニック徳院長)は同日午後に国会内で会見。「死亡率が非常に低く、感染者の80%が軽症にもかかわらず、安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」と説明。出席した他の医師からも「治験が終わっていない」「接種後に少なくとも356人の方が亡くなっている」などの発言が相次いだ。
この日は河野太郎ワクチン担当相が自身のブログを更新し、ワクチン接種を巡って「医師免許を持っているにもかかわらず、デマを流す人もいます」と批判。「長期的な安全性がわからない」などの意見も具体例に挙げたが、高橋氏は「情報の出所は厚労省のホームページ」と話し、他の医師からも「大臣がデマだと言い切る根拠は何か」と驚きの声が上がった。

2021-06-25サンスポ https://www.sanspo.com/article/20210624-IOQJULJCVRMBXMZXIDJG6SDUHA/?outputType=amp&__twitter_impression=true

昨5月からアメリカでは、武漢ウイルスの発症について「天然由来ではなく、人工的なウイルスで生物兵器である」という論調が強くなって、大手マスコミも揃ってこの論調を支持して報道しています。なぜか日本では、まだまだ公になっていないようなのが不思議ですが・・・

ワクチンについては、mRNA型の由来は、既に10年以上が経過し、いくつものワクチンが作成されてきましたが、いまだに一つのワクチンも認可されていないのが現実です。

それは、mRNA型の論理で作られたワクチンと称するこの薬は、人の体に強制的にウイルスもどきのものを作り出す仕組みだそうで、この作り出されるウイルス(細胞?)が、個々の人間の「自分由来の物体」なのか、「外部から侵入した異物」なのかを判断できなくて、抗体の効果が無くなってしまう可能性もあるし、学者の間では不妊症になる可能性も上がっています。そうした不完全な正しいテストを経由していないものを、ある意味強制的に接種させるのは如何なものかと思います。

最終的には、ご自身で情報を取り・考え・判断するというプロセスの上で接種されることをお勧めしたいと思います。

About The Author

有限会社シンフォニアSinfonia 山本
本サイトの管理者です。
プロダイバー業務、パソコンの販売・修理、モバイル端末も扱います。
近頃はネット技術の革新が続いており、ウェブの標準も暗号化だけでなく、同時に通信を高速化する HTTP/2 が主流になりつつあり、弊社サーバーでも標準仕様となっています。
更に今後、更に高速化する HTTP/3 あるいは PHP Version8へのUpgareと益々高速化技術が進んでいるので、楽しみでなりません。
その他にも、クラウド、ウェブメーラー、スパムフィルターなど常に新しいものに挑戦するのが大好きです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

More
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
0564-64-4612