♪ トップ ♪“隊長”ご挨拶  ♪ ストーリー   創作話   観光案内  ロケ参加顛末記   わが町のお店   リンク 












4月27日(木)の放送こちらで簡単なストーリーを振り返られます)で“斉藤”先生が
“桜子”へのプレゼントに選んだ、ちょっとカラフルな白いベレー帽。
それを買った“帽子屋”さんがココです。

と言い切るのは冒険なのですが ((゚゚;)☆\(--;)オイオイ ナニイッテンダヨ)

“有森”家の場所(“桜子”たちが通ってた“康生尋常小学校”学区分け程度の推測)から、サッと歩いて行ける大きな商店街は“名鉄駅前商店街”と“康生通商店街”くらいしかありません。
(当時、1番の繁華街“伝馬通商店街”は、“斉藤”先生だけならともかく、“磯”おばさんが「日傘さしてフラッと買い物に行く」にはチト遠い)
その中で、昭和12年に営業されてた“帽子屋”さんは、“康生通商店街”に現在もある
「あと数年で創業100年」になる“川口ぼうし”さんと、もう1〜2軒しかありません。
他のお店は、すでに廃業されちゃっていますから知りませんし、ここの“おばあちゃま”が
ドラマの帽子屋さんの女性に似てるような気がしないでもありません。
(計算するとあの店員さんより、ひとまわりは若いんですけどね)

よし!決めました!!
このお店を“隊長”個人的認定店『“笛”姉ちゃんの帽子を買った“帽子屋”さん』
と致します。
(勝手にこんな事してイイのかな? だから「どう」って事は無いんだから・・・イイか?)

 

モチロンこのお店は「ロケ参加顛末記」の2ページ目
 -01st ファッションチェックは抜かりなく- で登場しました
『私が“中折れ帽”を買っちゃったお店』です。
ここのお店の凄いところは
【既製品だけじゃ無く、ここで帽子を作って売ってる】
って所です。

お店の奥に『帽子の工房』があります。こんなのチョット見た事ありません。

“きらり”の時代はみんなそうだったかも知れませんが、今どきオーダーメイドの帽子屋さんなんて、私の知る限り岡崎はおろか県内にも数えるほどしか無いと思います。

本当は『ご近所の個人店』を紹介するのは、このブログの性格上の公共性に反するのでは?と思いましたが
【純情きらりに関連してる】【市外・県外の人に『自慢』になるくらいの特殊な個性がある】
この2点を条件に紹介してもイイかな?  と考えました。ダメなら言って下さいね。

ってな訳で第1弾は“川口ぼうし”さん。
ホントに“斉藤”先生がここで買ったかどうかは別として、
岡崎の“桜子”の家の近くにこんな素敵な帽子屋さんがあって、今日もお店をやっていますよ。
って自慢がしたかっただけ・・・です。m(_ _)m ヒラニーヒラニー

ちなみに“川口ぼうし”さんのHPがあります。
“ろしなんて工房”(あ、名前が違うんだ)
 http://www.rosina-bousi.ne.jp/

では、また。(^0^)/~~ バイバイ

『♪ わが町のお店』 目次ページへ
『きらり暮らし』TOPへ