お箏とペットほか、のんちゃんの日々をつれづれに綴ります。 Since 1998/09/30

『浜木綿忌』のこと

  • HOME »
  • 『浜木綿忌』のこと

 line-hana2

『浜木綿忌』 のこと

line-hana2

 

昭和31年(1956)6月25日未明、「春の海」で有名な箏曲家、宮城道雄先生が
JR刈谷駅構内で不慮の事故死 (夜行列車より転落)をされてから、
今年で早や55年の年月が経過しました。
事故現場に建立された「楽聖宮城道雄先生供養塔」では、
先生の最後の作品 「浜木綿」にちなんでつけられた
「浜木綿忌」法要が毎年営まれます。
法要が営まれる場所はJR刈谷駅より東300メートルの
名鉄三河腺のガードと交差する所です。( ↓ 見取り図参照 )

kyuline

尚、「浜木綿忌」のことについて、又当時の「転落事故」についての詳しいことは
浜木綿忌  悲しき記録 で見ることが出来ますので、是非ご覧下さい。

※「悲しき記録」は私の父の手記。 『浜木綿』『春の海』の演奏は私です♪

下の写真は「宮城道雄先生」と「宮城道雄先生刈谷供養塔」です。

 michio  kuyouto

☆浜木綿忌、悲しき記録は「邦楽らんど」より

kuyou

’99 浜木綿忌の集い

PAGETOP
Copyright © ♪のんちゃんの宝石箱♪ All Rights Reserved.