Windowsで困っていませんか?

例えば、こんな時はLinuxとオープンソースが便利

--- Wordで無理なチラシ、Excelでおかしな報告書をつくっていませんか?

 よく初心者がチラシの原稿や連絡文書などをWordやExcelで作って「パソコンは難しい」と言っている場面に遭遇します。あるいは、中小業者が顧客への報告書などをWordで無理して作って図表の矢印などがずれてしまっているものも見られます。
しかしそれは「パソコンが難しい」のでなく、わざわざ難しく使っているのです。
 そもそもWordやExcelは、そういう文書作成には適していません。それはページをまたいだ長文や自動計算を多用する表を作るのに適しています。だから自動でページが増えたり、文章と共に図表が移動したり、「・」を打つと箇条書きモードになったりするのです。
 しかしこうした機能は初心者にとっては実に厄介なもので、文字を中段から打とうとすれば改行キーを連打するかテキストボックスを設定しなければなりません。ところが後から上段に文書を追加しようものなら先に打っていた文章やテキストボックスが勝手に移動したりページが増えたりします。ひどい場合はせっかく貼り付けた画像やタイトルが他のページや見えないところに移動してしまったりして、初心者はしばしばパニックに陥ります。
 ところが、多くの場合初心者が作ろうとするのはページごとに独立したチラシのような文書だったり、案内状のようなものです。ページが多い場合でもページをまたぐ文章はまず見られません。これらをWordのようなワープロソフトやExcelのような表計算ソフトでつくろうとすると、豊富な(しかし初心者には余計な)機能が仕事を複雑にしてしまうのです。
 初心者がよく作る1ページごとに独立した文書、文字や写真を自由に配置できる文書を作るには、ワープロソフトでなくドローソフトのほうがはるかに適しています。好きなところにテキストボックスを作って文字を打ったり、その横に図や絵を配置できます。そしてそれらがたとえページの片隅にあっても後から打ったテキストなどに押されて勝手に欄外に移動することはありません。ページも任意に増やすことができ、ページごと順番を入れ替えるのも簡単です。
 いわば、PowerPointなどのプレゼンテーションソフトで文書を作るのと同じで、実際ドローの編集画面の体裁はPowerPointとそっくりです。
 しかし、MS-Officeにはドローソフトはありませんので別途にソフトを手に入れなければなりません。
 LinuxのオフィスソフトLibreOfficeには、最初からドローソフトが組み込まれています。もちろん、ドローソフトで作った図などをワープロや表計算に貼り付けたり、ワープロの文章や表計算の表をドローに貼り付けることもできます。
 オープンソースのLibreOfficeならWindowsにも無料でインストールできます。ワープロや表計算の使い方もほとんど同じで、Word/Excelで作ったファイルもそのまま継承できますので、Windows初心者の方にもぜひ使っていただきたいものです。
 また、LibreOfficeで作ったファイルはスマホやタブレットでも表示、編集できます(スマホやタブレットにAndrOpen OfficeOffice Documents Viewerをインストール)。

--- 印刷の原稿としては「Wordではダメ」と印刷屋さん言われませんか?

 印刷原稿を入稿するには下書きならともかく割付なども含めたファイルで入稿する場合は.pdfや.epsなどのファイル形式でなければなりません。Wordの.docファイルはいくら綺麗に作っても下書きに過ぎないのです。このため一般には印刷用の.pdfや.epsファイルを作るためにAdobeのIllustratorやAcrobatが使われています。
 しかし、オープンソースのLibreofficeには印刷原稿として通用する(フォントなどを組み込んだ).pdfファイル(pdf/A)を作る機能が最初から付いています。ドローソフトからでも、ワープロからでも、表計算からでも画面に表示されているものを.pdfファイルに変換できるのです。何万円も出してAdobeのAcrobatを買う必要はありません。
 もちろん印刷用の色の指定やトンボ機能など細かな機能はないので、複雑な割付や微妙な色までは指定できません。しかし簡単な会報やチラシではこれで充分です。
 しかも、LibreOfficeの.pdf作成機能には「ハイブリットpdf」の機能もあって、一旦作った.pdf(一般には変更できない)をドローソフトなどで再び編集して.pdfにすることも可能ですので、仲間内で検討するのに適しています。
 本格的な印刷原稿を作るにはある程度慣れた上でInkscape(拡大してもギザギザにならないベクトル図形のお絵かきソフト)やScribus(CMYKやPDF/Xの書き出し機能のあるDTPソフト)などを併用するとトンボや印刷用色指定も含めてちゃんとしたものができます。もちろんInkscapeやScribusもWindowsに無料でインストールできます。
 ただ、印刷屋さんの中にはこういう手段で原稿が作れることを知らない人もいますので、丁寧に説明する必要があります。

--- ファィルの移動・コピーをドラッグアンドドロップで行うと失敗しませんか?

 Windowsのファイル操作ソフト「エクスプローラ」でドラッグアンドドロップを行おうとすると、小さな相手フォルダにうまくドロップできずにとなりのフォルダに入ってしまったりします。
 そもそもWindowsの「エクスプローラ」はファイル操作ソフトのように見えないので、多くの初心者はカメラの画像の移動などに「便利な付録ソフト」を使ってしまうのです。しかしそうなると、そうした特殊なソフトの入っていない別のバソコンは使えなくなるのです。ファィル操作ソフトの操作はどのパソコンでも(たとえOSが異なっても)だいたい同じですので、これに慣れれば困ることがありません。
 主要Linuxのファイル操作ソフトでは画面を分割できるので、ドラッグ元とドラッグ先のフォルダを並べて開いておいてから行えばまず失敗はありません。その上よく使うフォルダは左のエリアに登録できるので素早く開くことができます。
 また、KDEのDolphinというファィル操作ソフトではアイコンの全てに選択用のボタンが付いているので、飛び飛びに選択する場合でもマウスで一つ一つクリックすれば選択状態になるので初心者には楽です。しかも、ドロップするとその都度「移動かコピーか」を聞いてくれるので安心です。

--- 写真だけでなくビデオも音楽もプレビュー(小さく内容を表示)したい?

 主要なLinuxではファィル操作ソフトを起動して動画のあるフォルダを開くと、写真のファイルと同様に動画の内容がアイコンの代わりに表示(サムネイル表示)されます。MP3などの音楽ファイルもマウスで触れば音が出て整理には都合がいいです。
 また、プラグイン(補助ソフト)を入れると、各種の文書ファイルもサムネイル表示されます。

--- デスクトップがアイコンでいっぱい、追加ソフトがどれかわからなくなった?

 Windowsではプログラムの一覧が雑然としていることから、いつも使うソフトやファイルのショートカットをデスクトップに置いておかないと使いにくくなってしまいます。
 Linuxではプログラムの一覧メニューはすべてカテゴリーごとに整理されているので、よほど頻繁に使うソフトでなければデスクトップにショートカットを置く必要はありません。基本メニューから必要なソフトはすぐに探し出せるし、必要ならデスクトップやツールバーにも置くことができます。
 また、Windowsでは使用者が後から自分で入れるソフトを想定していないのでそれらを管理するソフトがありません。フリーソフトのインストーラーやセットアップファィルを保存する場合は自分で専用のフォルダを作らなければなりません。ところが何かの拍子にそういうフォルダを複数作ってしまったりするとどこに保存したかわからなくなったり、古いものをそのまま持っていたりしてハードディスクの負担になったりします。
 Linuxではよその雑多なソフトを入れることが前提ですから、専用の管理ソフトによってすべてのソフトを統一して管理しています。ネットに繋がっていれば、自動的にすべてのソフトの情報が更新され新しいバージョン通知され、ボタンひとつで自動的に古いものと入れ替えます。今どんなソフトが入っているかは一目瞭然だし、インストール可能なソフトも一覧できます。インストールしたいソフトがあれば、チェックを入れてOKボタンを押せば1つでも数百でも同様に自動的にインストールされ、システムの再起動することもなくメニューを開ければちゃんとメニューの然るべきカテゴリーに登録されています。

--- 同時にいくつかの仕事をしていてデスクトップが乱雑になってしまった?

 Windowsだと開いているものを最小化することで多少の整理はできますが、開くときに最小化されたツールバーのどれだったかわかりにくくなってしまいます。
 Linuxの多くは複数の仮想デスクトップを持っているので、仕事ごとにデスクトップを切り替えられます。各ファィルを開いたまま別のデスクトップで仕事をして、終わったら元のデスクトップに戻ればいいのです。しかも、各デスクトップでは各ファイルの最上部の外枠をダブルクリックすることで内容をロールブラインドのように巻きあげて棒状になってしまうので、位置関係を維持したまま余計な物を隠すこともできます。

--- 「パワーポイントで発表を」と会合で決まったが?

 PCによるプレゼンテーション一般が「パワーポイントの発表」といわれるほどPowrPointという言葉は普及しているのに、どういうわけか普通のMS-OfficeにはPowerPointは入っていないので、何万円か追加で出費して購入しなくてはいけません。
 しかし、LibreOfficeなどのオープンソースのオフィスソフトにはPowerPoint互換のプレゼンテーションソフトImpressが入っているのでPowerPointは不要です。Impressは他の人のPowerPointのファイルを読み込んたり、PowerPoint形式のファイルの書き出しもできます。使い方もPowerPointとほとんど同じです。
 もちろん細かな点ではPowerPointと異なる部分もありますが、操作の大枠は同じだし、かなり高度なテクニックも使えるので、普通の人が使うのに何ら支障はありません。Linuxはもちろん、WindowsでもLibreOfficeをインストールしておけばプレゼンテーションにPowerPointは要らないのです。

それでも、まだWindowsを使うことにこだわりたいのですか?