有限会社シンフォニア

愛知県岡崎市 Local Internet Service Provider

TIMEの表紙になった安倍晋三元総理大臣

一昨日令和4年7月8日午前11時30分頃、参議院選挙の応援演説のために奈良県の西大寺駅頭に立ちマイクを握りました。そこに背後から近寄った男が発砲し、この凶弾により心肺停止となり、当日午後6時前に逝去されたことが政府から発表されました。

この日、日本中が、否、世界中がこの世界的な政治家である安倍晋三氏の容態を心配し、必死で回復を祈りました。

そして昨日辺りから、この暗殺に対する背後関係や因果関係、あるいはこの凶行は防げなかったのか?という視点で多くの識者・ジャーナリストなどが、様々な言葉を発しています。

素人にとっては、詳しい情報を得ることも適わず、的確な意見を発信できる立場ではありませんが、いま世界で起こってる大きな事件を鑑みるに、今回の凶行も同じ線上に置いて俯瞰した方が正しい立場に立てるのではないかと愚考いたしました。

そこで5月11日に124人の米軍・退役将軍が、米国バイデン大統領の身体的・精神的健康状態に疑問を呈する「公開書簡」を発行していましたので、それをここでご紹介したいと思います。

この文中には2020年の大統領選挙にも異議を唱え、FBIと最高裁判所が報告された選挙詐欺を無視したことなどを非難する衝撃的な内容です。そして米国が「社会主義とマルクス主義の支持者」と「自由の支持者」との戦争状態であると警告しています。

しかしながら、この「公開書簡」は日本ではほとんど取り上げられておらず、ご存じの方は稀なのではないかと思います。そこで公開された原文のPDFファイルと共に、Weblio 翻訳 での機械翻訳を併記させていただきました。

英語が堪能であれば、もっと理解しやすい日本文にしてお示しできるのでしょうが、残念ながら英語の学力が足らない為に申し訳ありません。(もっと良い翻訳が可能な方がいらっしゃったら、ご教授いただければ幸いです。)


Open Letter from Retired Generals and Admirals
引退した将軍と海軍大将からの公開状

Our Nation is in deep peril. We are in a fight for our survival as a Constitutional Republic like no other time since our founding in 1776. The conflict is between supporters of Socialism and Marxism vs. supporters of Constitutional freedom and liberty.

我が国は、深い危険にあります。
我々は、1776年に創立すること以来の他のいかなる時間のような立憲的な共和国としても、我々の生き残りのための闘争中でありません。
対立は、[社会主義とマルクス主義の支持者] 対 [憲法上の自由と自由の支持者]の間です。

During the 2020 election an “Open Letter from Senior Military Leaders” was signed by 317 retired Generals and Admirals and, it said the 2020 election could be the most important election since our country was founded. “With the Democrat Party welcoming Socialists and Marxists, our historic way of life is at stake.” Unfortunately, that statement’s truth was quickly revealed, beginning with the election process itself.

2020年の選挙の間に、「上級軍指導者からの公開状」は317の引退したジェネラルズと海軍大将によって署名されました、そして、それは我々の国が起こされた時から、2020年の選挙が最も重要な選挙でありえたと言いました。
「社会党とマルクス主義者を歓迎している民主党とともに、我々の歴史的な生き方は危なくなっています。」、残念なことに、その声明の真実は速く明らかにされました。そして、選挙プロセスそのものから始めました。

Without fair and honest elections that accurately reflect the “will of the people” our Constitutional Republic is lost. Election integrity demands insuring there is one legal vote cast and counted per citizen. Legal votes are identified by State Legislature’s approved controls using government IDs, verified signatures, etc. Today, many are calling such commonsense controls “racist” in an attempt to avoid having fair and honest elections. Using racial terms to suppress proof of eligibility is itself a tyrannical intimidation tactic. Additionally, the “Rule of Law” must be enforced in our election processes to ensure integrity. The FBI and Supreme Court must act swiftly when election irregularities are surfaced and not ignore them as was done in 2020. Finally, H.R.1 & S.1, (if passed), would destroy election fairness and allow Democrats to forever remain in power violating our Constitution and ending our Representative Republic.

「人々の意志」を正確に反映する、公平で正直な選挙なしで、我々の立憲的な共和国は失われます。
選挙完全性は、そこで保険をかけることが市民につき投じられて、開票される1つの法的投票であるよう要求します。
法的投票は今日では、政府ID、確かめられたサインその他を用いて州議会の承認された規制によって確認されます。そして、多くの人々は公平で正直な選挙をすることを避けようとして、そのような常識的な規制を「人種差別主義者」と言っています。
適格性の証明を抑えるために人種的な語を使用することは、それ自体専政的な脅迫戦術です。
その上、「法の支配」は、完全性を確実にするために、我々の選挙プロセスに実施されなければなりません。
2020年に完了していたように選挙違反が表に現されて、彼らを無視しないとき、FBIと最高裁判所は素早く裁決しなければなりません。
最後に、H. R.1 & S.1は(通されるならば)、選挙公正さを破壊して、民主党が永遠に、我々の憲法を犯して、我々の下院議員共和国を終えて政権を握っているままであるのを許すでしょう。

Aside from the election, the Current Administration has launched a full-blown assault on our Constitutional rights in a dictatorial manner, bypassing the Congress, with more than 50 Executive Orders quickly signed, many reversing the previous Administration’s effective policies and regulations. Moreover, population control actions such as excessive lockdowns, school and business closures, and most alarming, censorship of written and verbal expression are all direct assaults on our fundamental Rights. We must support and hold accountable politicians who will act to counter Socialism, Marxism and Progressivism, support our Constitutional Republic, and insist on fiscally responsible governing while focusing on all Americans, especially the middle class, not special interest or extremist groups which are used to divide us into warring factions.

選挙を除いて、現政権は速く50以上の大統領命令に署名して、議会を回避して、独裁的な方法で我々の憲法上の権利に対する本格的な攻撃を開始しました。そして、多くが前の政府の効果的方針と規則を逆にしました。
さらに、過度の監禁、学校とビジネスのような人口抑制アクションは討論を打ち切ります、そして、大部分の警報を伝えること、書面にしたものの検閲とことばの表現は我々の基本的なライツに対するすべての直接の攻撃です。
当方は、反社会主義、マルクス主義と進歩主義に行動する説明できる政治家を支援しなければならなくて、抱かなければならなくて、立憲的な共和国を支えて、我々を交戦中の派閥に分けることに慣れているすべてのアメリカ人、特に中流階級、特別利益でないまたは過激派グループに集中している間、財務上確実に支配すると言ってゆずらないです。

Additional National Security Issues and Actions:
更なる国家安全保障問題と行動:

Open borders jeopardize national security by increasing human trafficking, drug cartels, terrorists entry, health/CV19 dangers, and humanitarian crises. Illegals are flooding our Country bringing high economic costs, crime, lowering wages, and illegal voting in some states. We must reestablish border controls and continue building the wall while supporting our dedicated border control personnel. Sovereign nations must have controlled borders.

開いた国境は、人身売買、麻薬カルテル、テロリスト入場、健康/Covid-19危険性と人道危機を増すことによって、国家の安全を危うくします。
不法入国者は、若干の州に高い経済経費、犯罪、低下賃金と違法な投票を持って来ている我々の国に氾濫しています。
我々は、熱心な国境管理人員を支援している間、国境管理を復旧しなければならなくて、壁を建設し続けなければなりません。
主権国家は、境界をコントロールしたにちがいありません。

China is the greatest external threat to America. Establishing cooperative relations with the Chinese Communist Party emboldens them to continue progress toward world domination, militarily, economically, politically and technologically. We must impose more sanctions and restrictions to impede their world domination goal and protect America’s interests.

中国は、アメリカに最も大きな外部の脅威です。
中国共産党との協力関係を樹立することは、軍事的に、経済学的に言えば、政治的に、そして、技術的に、世界支配への前進を続けるために、彼らを励まします。
我々は、彼らの世界支配ゴールを妨げて、アメリカの利益を保護するために、より多くの制裁と規制を押しつけなければなりません。

The free flow of information is critical to the security of our Republic, as illustrated by freedom of speech and the press being in the 1st Amendment of our Constitution. Censoring speech and expression, distorting speech, spreading disinformation by government officials, private entities, and the media is a method to suppress the free flow of information, a tyrannical technique used in closed societies. We must counter this on all fronts beginning with removing Section 230 protection from big tech.

情報の自由な流れは、言論の自由と我々の憲法の修正第1条でいるプレスで例示されるように、我々の共和国の安全にきわめて重大です。
言葉と表現を検閲して、言葉、官僚による広がる偽情報、個人的な実体とメディアをゆがめることは情報の自由な流れを抑える方法です。そして、専政的な技術が閉ざされた社会で使われます。
我々は、大きい技術から第230節保護を取り除くことから始めているすべての正面で、これに対処しなければなりません。

Re-engaging in the flawed Iran Nuclear Deal would result in Iran acquiring nuclear weapons along with the means to deliver them, thereby upsetting Mideast peace initiatives and aiding a terrorist nation whose slogans and goals include “death to America” and “death to Israel” . We must resist the new China/Iran agreement and not support the Iran Nuclear Deal. In addition, continue with the Mideast peace initiatives, the “Abraham Accords,” and support for Israel.

欠陥のあるイラン核取引に再び係わることは、彼らを届ける手段とともに核兵器を得ていて、それによって中東平和イニシアティブをひっくり返していて、スローガンとゴールが「アメリカへの死」と「イスラエルへの死」を含むテロ国家を援助しているイランに終わります。
我々は新しい中国/イラン協定に抵抗しなければならなくて、イラン核取引を支持してはいけません。
そのうえ、中東平和イニシアティブ、「エイブラハム協定」とイスラエルに対する支持を続けてください。

Stopping the Keystone Pipeline eliminates our recently established energy independence and causes us to be energy dependent on nations not friendly to us, while eliminating valuable US jobs. We must open the Keystone Pipeline and regain our energy independence for national security and economic reasons.

キーストーン・パイプラインを止めることは我々の最近確立したエネルギー独立を除いて、我々を我々に好意的でない国に依存しているエネルギーであるようにします、その一方で、価値ある米国の仕事を除きます。
我々はキーストーン・パイプラインを開かなければならなくて、国家の安全と経済理由でエネルギー独立を回復しなければなりません。

Using the U.S. military as political pawns with thousands of troops deployed around the U.S. Capitol Building, patrolling fences guarding against a non-existent threat, along with forcing Politically Correct policies like the divisive critical race theory into the military at the expense of the War Fighting Mission, seriously degrades readiness to fight and win our Nation’s wars, creating a major national security issue. We must support our Military and Vets; focus on war fighting, eliminate the corrosive infusion of Political Correctness into our military which damages morale and war fighting cohesion.

米国連邦議会議事堂ビルのまわりで何千もの軍隊を配備する政治的な駒としての米軍を使用して、深刻に、ミッションと戦っている戦争を代償にして対立を生じる重要なレース論のような政治的に正しい保険証書を軍隊に押し込むこととともに、存在しない脅威を警戒しているフェンスをパトロールすることは戦って、我々の国の戦争に勝つ意向を低下させます。そして、大きな国家安全保障問題を生じさせます。
我々は、軍隊とベテランを支えなければなりません;
戦っている戦争に集中して、士気と戦争と戦う結束に打撃を与える我々の軍隊に、政治的適切さの腐食する注入を除いてください。

The “Rule of Law” is fundamental to our Republic and security. Anarchy as seen in certain cities cannot be tolerated. We must support our law enforcement personnel and insist that DAs, our courts, and the DOJ enforce the law equally, fairly, and consistently toward all.

「法の支配」は、我々の共和国と保安の基本となります。
特定の都市で見られる無秩序は、大目に見られることができません。
当方は法の執行人員を支援しなければならなくて、DA、我々の法廷と司法省がすべての方へ等しく、公正に、そして、一貫して法律を実施すると主張しなければなりません。

The mental and physical condition of the Commander in Chief cannot be ignored. He must be able to quickly make accurate national security decisions involving life and limb anywhere, day or night. Recent Democrat leadership’s inquiries about nuclear code procedures sends a dangerous national security signal to nuclear armed adversaries, raising the question about who is in charge. We must always have an unquestionable chain of command.

最高司令官の心身の状態は、無視されることができません。
彼は、速く、どこでも生命と身体を含んでいる正確な国家の安全決定、日または夜を作ることができるにちがいありません。
核コード手順送信についての最近の民主党リーダーシップの質問は、核武装している敵への危険な国家の安全信号です、誰が担当しているかについての質問を起こすこと。
我々は、常に疑いのない指揮系統を持っていなければなりません。

Under a Democrat Congress and the Current Administration, our Country has taken a hard left turn toward Socialism and a Marxist form of tyrannical government which must be countered now by electing congressional and presidential candidates who will always act to defend our Constitutional Republic. The survival of our Nation and its cherished freedoms, liberty, and historic values are at stake.

民主党員会議と現政権の下で、我々の国は、社会主義と我々の立憲的な共和国を防衛するために常に行動する、議会で大統領候補を選ぶことによって現在対処されなければならない専政的な政府のマルクス主義の形の方へ難しい左折をしました。
我々の国とその大事にしてきた自由の生き残り、自由と歴史的な価値は、危なくなっています。

We urge all citizens to get involved now at the local, state and/or national level to elect political representatives who will act to Save America, our Constitutional Republic, and hold those currently in office accountable. The “will of the people” must be heard and followed.

我々は、すべての市民に保存アメリカ(我々の立憲的な共和国)に行動して、現在在職人々に責任があるとみなす政治代表を選ぶためにローカル、州のおよび/または、国家レベルで現在関係するよう要請します。
「人々の意志」は聞こえなければならなくて、追従されなければなりません。

Signed by:
Alpha list of signers 2021 letter

MG Anders B. Aadland, USA, ret.
RADM Ernest B. Acklin, USCG, ret.
MG Richard D. Anderegg, USAF, ret
MG Joseph T. Anderson, USMC, ret.
RADM Philip Anselmo, USN, ret.
MG Joseph Arbuckle, USA, ret.
BG John Arick, USMC, ret.
BG Ernest Audino, USA ret
RADM James w. Austin, USN, ret
MG Marvin G. Back, USA, ret.
BG Jim Balserak, USAF, ret.
MG Gary M. Batinich, USAF, ret.
RADM Jon W. Bayless, Jr. USN, ret.
RADM Timothy Robert Beard, USN, ret.
RDML James Best, USN, ret.
BG Charles Bishop, USAF, ret.
BG William A. Bloomer, USMC, ret.
BG Donald Bolduc, USA, ret.
LTG William G. Boykin, USA, ret.
MG Edward R. Bracken, USAF, ret.
MG Patrick H. Brady, MOH, USA, ret.
RADM Bruce b. Bremner, USN. ret
VADM Edward S. Briggs, USN, ret.
LTG Richard “Tex’ Brown III USAF, ret.
BG Frank Bruno, USAF, ret.
VADM Toney M. Bucchi, USN, ret.
MG H. hale Burr, Jr., USAF (ret.)
MG Bobby Gene Butcher, USMC, ret
RADM John T. Byrd, USN, ret.
MG Clifton C. Capp, USA, ret
BG Jimmy Cash, USAF, ret.
LTG Dennis D. Cavin, USA, ret.
LTG James E. Chambers, USAF, ret.
MG Carroll D. Childers, USA, ret.
RDML Ronald L. Christenson, USN, ret.
BG Clifton C. “Tip” Clark, USAF, ret.
VADM Ed Clexton, USN, ret.
MG Jay Closner, USAF, ret
BG Michael J. Cole, USAF, ret.
VADM John G. Cotton, USN (ret)
MG Tommy F. Crawford, USAF, ret.
RDML David Cronk, USN, ret.
MG Robert E. Dempsey, USAF, ret.
MG John Deyermond, USA, ret.
RADM James C. Doebler, USN, ret.
BG James H. Doty, USA (ret)
BG Peter Drahn, USAFR, ret.
BG Philip Drew, USAF, ret.
MG Neil L. Eddins, USAF, ret.
RADM Ernest Elliot, USN, ret
BG Bob Floyd, USA, ret.
BG Steven Feldmann, USA, ret.
BG Jerome V. Foust, USA, ret.
BG Jimmy E. Fowler, USA, ret.
RADM J. Cameron Fraser, USN, ret.
MG John T. Furlow, USA, ret.
RADM Albert A. Gallotta, Jr., USN, ret.
MG David C. Garza, USMC, ret
MG Timothy F. Ghormley, USMC, ret.
MG Francis C. Gideon, USAF, ret.
MG William A. Gorton, USAF, ret.
RADMU Andrew A. Granuzzo, USN, ret.
MG Lee V. Greer, USAF, ret.
RDML Michael R. Groothousen, Sr., USN, ret.
BG John Grueser, USAF, ret.
MG James A. Guest, USA, ret.
MG Ken Hagemann, USAF, ret.
RDML Dale N. Hagen, USN, ret.
MG H. Robert hall, USAF, ret.
BG Norman Ham, USAF, ret.
VADM William Hancock, USN, ret.
BG Murray Hansen, USAF, ret
MG Gary L. Harrell, USA, (ret)
LTG Henry J. Hatch, USA, ret.
ADM. Tom Hayward, USN. (ret)
VADM Peter Maynard Hekman, Jr., USN. ret.
MG Clyde A. Hennies, USA, ret.
RADM Larry L. Hereth, USCG, ret.
MG Harald G. Hermes, USAF, ret
BG James M. Hesson, USA, ret.
MG Kent H. Hillhouse, USA ret
BG Robert Hipwell, USA, ret
MG Bill Hobgood, USA, ret.
BG Stanislaus J. Hoey, USA, ret.
MG Bob Hollingsworth, USMC, ret.
MG Jerry D. Holmes, USAF, ret.
MG Clinton V. Horn, USAF, ret.
RDML Gregory C. Horn, USN, ret.
MG James P. Hunt, USAF, (ret)
LTG Joseph E. Hurd, USAF, ret.
BG Percy G. Hurtado II, USA, ret.
VADM Paul Ilg, USN, ret.
MG T. Irby, USA, ret.
LTG Ronald Iverson, USAF, ret.
RADM (L) Grady L. Jackson
RADM Ronny Jackson, USN, ret.
MG William K. James, USAF, ret.
LTG James H. Johnson, Jr. USA, ret.
ADM. Jerome L. Johnson, USN, ret.
BG James M. Johnston, USAF, ret.
BG Charles Jones, USAF, ret.
BG Gary Lee Jones, USA, ret.
BG Robert R. Jordan, USA, ret.
RADML Herbert C. Kaler, USN, ret
BG Jack H. Kotter, USA, ret.
MG Anthony R. Kropp, USA, ret
BG Charles Kruse, ARNG, ret..
RADM Chuck Kubic, USN, ret.
BG Leonard f. Kwiatkowski, USAF, ret
BG Enrique J. Lanz, USAF, ret.
BG Jerry L. Laws, USA, ret.
BG Douglas E. Lee, USA, ret.
VADM W.D. Lee,) USCG, (ret)
MG Kenneth Lewis, USAF, ret.
MG Vernon B. Lewis, USA, ret.
MG Thomas G. Lightner, USA, ret.
LTG James M. Link, USA, ret.
MG James E. Livingston, USMC, ret. MOH
MG John D. Logeman, USAF, ret.
BG Robert W. Lovell, USAF, ret
MG Jarvis Lynch, USMC, ret.
RDML John Thomas Lyons III, USN, ret.
LTG Fred McCorkle, USMC, ret.
MG Don McGregor, USAF, ret.
LTG Thomas McInerney, USAF, ret.
RADM John H. McKinley, USN, ret.
BG Michael P. McRaney, USAF, ret.
BG James E. Mace, USA, ret.
MG Fred Maiocco, USA, ret.
BG Ronald S. Mangum, USA, ret.
BG James M. Mead, USMC, ret
BG Willard L. Meader, USAF, ret.
BG Joe Mensching, USAF, ret.
RADM W. F. Merlin, USCG, ret.
RADM (L) Mark Milliken, USN, ret.
MG John F. Miller, USAF, ret.
BG Michael Miller, USAF, ret.
RADM Ralph M. Mitchell, Jr. USN, ret.
MG Paul Mock, USA. ret.
BG Daniel I. Montgomery, USA, ret.,
RADM John A. Moriarty, USN, ret.,
RADM David R. Morris, USN, ret.
MG James H. Mukoyama, Jr. USA, ret
MG Terrence Mulcahy, USA. ret.
BG Benton d. Murdock, USA, ret.
RADM Bill Newman, USN, ret.
MG George W. “Nordie” Norwood, USAF, ret.
BG Joe Oder, USA, ret.
MG Raymund O’Mara, USAF, ret.
MG Joe S. Owens, USA, ret.
VADM Jimmy Pappas, USN, ret.
MG Robert W. Paret, USAF, ret.
LTG Garry L. Parks, USMC, ret.
BG John A. Paterson, USAF, ret.
RADM Russ Penniman, USN, ret.
BG Scott Perry, USA, ret.
RADM Rudy K. Peschel, USCG, ret.
RADM William W. “Bear” Pickavance, Jr , USN, ret.
RADM Leonard F. Picotte, ret.
VADM John Poindexter, USN, ret.
RADM Ronald Polant, USCG, ret.
MG Greg Power, USAF, ret.
RADM Brian Prindle, USN, ret.
RADM J.J. Quinn, USN, ret.
MG John Capenter Raaen, USA, ret.
LTG Clifford H. Rees, Jr. USAF, ret.
RADM Edward T. Reidy, USN, ret.
MG Lee P. Rodgers, USAF, ret.
RADM William J. Ryan, USN ret
RADM Norman T. Saunders, USCG, ret.
RADM William R. Schmidt, USN, ret.
MG John P. Schoeppner, Jr., USAF, ret.
RADM (MC) Hugh P. Scott, USN, ret
MG Richard V. Secord, USAF, ret.
RADM Paul Scott Semko, USN. ret.
BG Richard Severson, USAF, ret.
BG Stanley A. Sieg, USAF, ret
BG Donald Curtis Smith, USAF, ret.
LTG Hubert Smith, USA, ret.
MG Perry Graham Smith, Sr., USA, ret.
BG Andrew w. Smoak, USAF, ret..
MG James N. Stewart, USAF, ret.
RADM John Stewart, USN, ret.
RADM Thomas Stone, USN., ret.
MG William Streeter, USA, ret.
BG Joseph S. Stringham, USA, ret.
RADM Barton D. Strong, USN. Ret.
MG Michael Sullivan, USMC, ret.
RADM (U) Jeremy Taylor, USN, ret.
LTG David Teal, USAF, ret.
MG Roberrt D. Tenhet, USA (ret)
BG Trent Thomas, USA, ret.
VADM Howard B. Thorsen, USCG, ret.
VADM N.R, Thunman, USN, ret.
LTG William Thurman, USAF, ret.
RADM Robert P. Tiernan, USN, ret.
BG Robert F. Titus, USAF, ret
LTG Garry Trexler, USAF, ret.
BG James T. Turlington, M.D., USAF, ret.
BG Richard J. Valente, USA ret.
MG Paul Vallely, USA, ret.
MG Paul M. Van Sickle, USAF, ret.
MG Russell L. Violett, USAF, ret.
RADM Larry G. Vogt, USN. ret
RADM George F. A. Wagner, USN, ret.
BG George H. Walker, Jr. USAR Corp of Engineers, ret
MG Gary Wattnem, USA, ret.
MG Kenneth Weir, USMCR, ret.
BG William O. Welch, USAF, ret.
BG William L. Welsh, USAF, ret.
LTG Robert L. “Sam” Wetzel, USA, ret.
MG John M. White, USAF, ret.
MG Geoffrey P. Wiedeman, JR. USAF, ret.
MG Richard O. Wightman, Jr., USA, ret.
BG George E. Wilson III, USAF, ret
RADM Denny Wisely, USN, ret.
RADM Ray Cowden Witter, USN, ret.
LTG John Woodward, USAF, ret.
MG Albert C. Zapanta, USA, ret

About The Author

有限会社シンフォニアSinfonia 山本
本サイトの管理者です。
プロダイバー業務、パソコンの販売・修理、モバイル端末も扱います。
近頃はネット技術の革新が続いており、ウェブの標準も暗号化だけでなく、同時に通信を高速化する HTTP/2 が主流になりつつあり、弊社サーバーでも標準仕様となっています。
更に今後、更に高速化する HTTP/3 あるいは PHP Version8へのUpgareと益々高速化技術が進んでいるので、楽しみでなりません。
その他にも、クラウド、ウェブメーラー、スパムフィルターなど常に新しいものに挑戦するのが大好きです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

More
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
0564-64-4612