シンフォニアは、愛知県岡崎市を拠点とするローカルISP(Internet Service Provider)です。

WebMailerでの二段階認証

WebMailerでの二段階認証

昨今のインターネット世界は、セキュリティのより一層の向上が求められる時代になっています。

そこでWebMailerでも「二段階認証」が行えるようにさせていただきました。
「二段階認証」とは、従来の「ユーザー名」と「パスワード」だけの認証ではなく、もう一段階の認証を「ワンタイム・パスワード」で行うものです。

「ワンタイム・パスワード」は、その名の通り「一回だけのパスワード」「その時だけのパスワード」とも言えます。それだけにセキュリティの向上が格段に上がります。もしも「ユーザー名」「パスワード」を盗まれても、それだけではメールを盗み見ることはできなくなるわけです。

ただし、この「二段階認証」を行うためには個人の所有するスマホに「ワンタイム・パスワード」を生成する「認証システム」が必要になりますから、まず、この「認証システム」の入手から始めていただきます。

この例は、アンドロイドでPlayストアを使った例ですが、アップル社のIPhoneでも同様に行うことができますので参考にしてください。

  1. Playストアを開き、「Google認証システム」で検索します。
  2. Google認証システムが表示されますので「インストール」してください。

インストールが終わったら「開く」をクリックして実行します。

権限の確認が求められたら与えてください。

開始」ボタンをタッチします。


説明画面がありますが、一通りお読みいただいて最後のページで「完了」をタッチします。


初めて実行した場合には「アカウントの追加」状態になります。

ここでは

バーコードをスキャン

をタッチします。

もし、このアプリが終了していたら、スマホのホーム画面から改めて起動してください。


Google認証システムのアイコンは、このような形です。


これで準備が整いましたので、いよいよWebMailer側で二段階認証を設定します。

WebMailerから従来通り「ユーザー名」と「パスワード」でログインします。


WebMailerにログインしたら、右上の「設定」ボタンをクリックします。


設定」項目に「Google二段階認証」が追加されていますので、クリックします。


ここで二段階認証の「有効」にチェックを入れて、「秘密鍵作成」ボタンをクリックします。


秘密鍵は自動生成されますが、内容はランダムにアルファベットと数字を並べて文字列です。

ここで「保存」ボタンをクリックします。


QRコード表示」のボタンが表示されますので、ここをクリックします。


QRコードが大きく表示されますので、これをスマホの「Google認証システム」のカメラで読み込ませます。


読み込みが成功すると、このように「コードOK」と表示されますので、「OK」ボタンをクリックして閉じてください。

ここで「ログオフ」します。


いつも通りの「ユーザー名」と「パスワード」を入力すると、そのままログインするのではなく「二段階認証」のコード入力を促されます。

※子の端末で以後30日間コードを求めるな というのは翻訳間違いですね。正しくは「この端末で以後30日間コードを求めない」ですね。


ここで「Google認証システム」に表示されている6桁の数字を読み取り、「二段階認証」欄に入力して「ログイン」をクリックします。

※この6桁の数字は、約30秒ごとに変わりますので、もし、もたついたとしても、次に表示される数字を入力すればOKです。


以上で、WebMailerの二段階認証ができるようになりました。

より安全な環境でWebMaileをご活用ください。

※複数の方でひとつのメールを共有しているような場合、この二段階認証を使うと困ることになりますので、ご注意ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限会社シンフォニア All Rights Reserved.