home

世界の民族楽器
船橋楽器資料館
愛知県岩倉市八剱町石橋11
0587−37−5100









以上船橋楽器資料館 パンフレットより


      ***** ひとこと *****

 当館は、サラリーマンだった館長が勤務のかたわら20年余、

乏しい給料をつぎ込んで収集してきた世界の民族楽器、1300点の永久保存と修理を目的として、

退職金と借金で建てた私設の資料館です。

そのため展示能力には限界があり、現在約800点を国単位で展示しております。

  
 将来もし拡張が可能なら、子供達のために、手で触れて音を出せるコーナーを設けたり、

国境を取り払って民族別にしたり、歴史や伝播の過程がひと目でわかるような、

種類別の展示もしてみたいと、夢見ております。

 
  民族音楽のコンサートは、今まで好評であったため、たとえ赤字でも折に触れて、

今後も継続していくつもりです。

  
 有史以前から、世界のあらゆる民族が、音を楽しむための道具を作ることに

いかに知恵をしぼってきたか、人間にとって音楽とは何なのかを、

民族楽器をとおして実感し、考え、楽しむ場所としたい・・・そのため今後も頑張ります。

                                館長   船橋 靖和



館内は撮影厳禁ですがHP紹介用という事で特別に許可をいただきました。 ・・・邦楽らんど管理人
これはほんの一部です。世界中から集めた民族楽器が約800点もあります。
船橋館長が世界中を廻り集めて修理し演奏できる状態にしてあります。


館長の説明と須磨琴(一弦琴)の演奏を聴くことができました。
船橋館長は尺八と津軽三味線の先生でもあります。
この日は特別に津軽三味線の演奏を聴かせていただき感激しました。


船橋楽器資料館へのアクセスは