Linuxのすすめ

窓の外には自由な世界が!

もはや
Windowsにこだわる理由はありません


 私のところでは事務器との相性から1台だけWindows機がありますが、その他の3台はすべてLinuxです。今ではほとんどの仕事はLinuxで可能ですし、Windowsよりも使いやすいのでこちらが主体です。
 私が日常的に長時間使用するPCは、中古のデスクトップPCです。ある施設で使われていたWindowsXP機ですが、重くなったというのでWindows7に買い替えたので捨てる予定だったものです。これに最新のLinuxをOSとしてインストールしたところ、ストレスもなく安定して動いているのです。
 私がはじめてLinuxに出合ったのは、本の付録のRedhatLinux7ですが、捨てようとしていたPC(CPU500MHz/メモリ64MB)にインストールしてみたら辛くも立ち上がりました。そして始めて見るLinuxの画面に感動したものです。当然オフィスソフトは重くてほとんど動きませんが、ブラウザのMozillaは立ち上がりネット上のサイト閲覧は普通にできました。しかもRedhatプロジェクトからは無料でシステムのアップデートも送られてきました。高いお金をかけたWin98がアホのように思えたのです。
 その後書店でKnoppix(CDだけで動くLinux)を見つけたときはさらに驚きました。RedHatではCD3枚だったのに、たった1枚のCDでRedhat並みのことができてしまうのだから。
 しかし、当時のLinuxは日本語の扱いや各種設定などで苦労したし、ソフトウェアも不具合が多かったので、まだまだWindowsの代わりに使うには不安だらけでした。

よく見れば、あっちもこっちもLinux

 ところが今日ではWindowsとほとんど同じ操作性になっていて、ソフトウェアもほとんどがWindowsにうまく対応・互換します。しかも部分的にはWindowsよりも優れたものになっていて、LibreOffice、Firefox、Thunderbird、Gimpなど多くのLinux出身のソフトがWindows用の人気フリーソフトとして広まりました。
 一方、パソコンと言われる分野以外に目を向ければ、世界のスーパーコンピュータのほぼすべて、家電組み込みシステムの多く、スマホやタブレットPCの多くはLinuxとなっているのに、案外知られていません。
 にもかかわらず、WindowsやWard/Excelでないと使えないと思い込んでいる人はいまだに多く、「Linuxは難しくて一部の人が使うもの」「最初から覚えなおさなければならない」という偏見も根強いのです。

中高年には利便性の低いWindows

 Windows利用者の多くは、数年ごとに繰り返されるOSのモデルチェンジに振り回され、常に量販店やマスコミの言うとおりに最新のOSを最新のマシンとともに購入しないといけないかのような脅迫にもさらされています。あるいは、本当は能力があるのにWindows特有の性質によって重くなってしまったPCをだましだまし使っている人もいます。
 通常生活でのPCの機能、とくに中高年の方が必要とする機能は、最新のWindowsのものである必要はまったくありません。メールのやり取り、ネット閲覧、文書作成、写真・動画・音楽の整理・編集、報告書など、どれもWindowsのような有料のOSでなくともすべて可能で、個々の機能でも遜色ありません。むしろ、使い勝手からいえばLinuxのほうがシンプルで使いやすいのです。
 そこでこの際「Linuxという自由で多様な選択肢もあるではないか」と、Linuxを宣伝する側に立ってみようと思ったのです。

 Linuxそのものについてはネット上の百科事典Wikipediaに詳しく書いてあるのでここでは説明しません。ここでは自分で使ってみてわかったことについて述べます。
 なお、文中で「Linux」と表現しているものは、ほとんどの場合ディストリビューション(Linuxを核にして各種ソフトウェアをセットした配布形態)を意味します。


Windowsで困ったとき
Linuxとオープンソースで解決を

(クリックすると拡大)
 上は私が現在使用している中古PC(かつてWindowsXP機)のLinuxデスクトップ。
 Linuxの種類はUbuntu LinuxをベースにしたLinuxMintの中の、KDEというデスクトップ環境(操作画面)のタイプ。ファイルマネージャーを開いたところ。
 KDEのファイルマネージャーDolphinはカスタマイズが容易で、当初から動画ファイルのサムネイルやお気に入りのフォルダ登録や2画面での操作に対応し、Windows7のエクスプローラーよりもはるかに使いやすくなっています。
 なお、このデスクトップのツールバーは左にありますが、本来は画面の下にあってWindows7に似た風情です。横長画面のためにあえて左に寄せてあります。



(クリックすると拡大)
 上は私のノートPC(息子からのもらい物)で現在使用しているLinuxデスクトップ。
 Linuxの種類はDebian LinuxをベースにしたSolydK。上のLinuxMintのDebianバージョンから発展したタイプ。
 デスクトップ環境が同じKDEだから、Linuxの種類が違っても操作性は同じ。

 どちらもスタートメニューに各ソフトが分野別に分類されているうえに、ファイルマネージャーの左ペインによく使うフォルダが登録できるので、デスクトップにアイコンを並べる必要はありません。
 
 こうしたLinuxのOSは、Officeソフトをはじめ多くのアプリケーションがセットされたパッケージとして配布されているので、インストール直後からほとんどの仕事ができます。
 また、数万の追加ソフトを有する単一のパッケージシステムがあるので、必要なソフトはワンクリックで追加できます。
 そしてこうしたOSやソフトの導入や入れ替えには1円の費用もかかっていないのです。


■Windowsと同じ部分、代用できる部分

・ファィルやフォルダ操作はだいたい同じ。
 むしろWindowsより使いやすい工夫が随所に目立ちます。
ファイラーはWindowsのエクスプローラーよりもはるかに使いやすいです。Windowsでは
エクスプローラーの使い勝手の悪さから、「UltraExplorer」や「まめFile」など様々な「使い勝手のいい」フリーソフトが出回っているようですが、Linuxではもともとそういう機能のあるファイラーが一般的。
 最近のWindowsではファイルのあり方は以前とほとんど同じであるのに、それをユーザーに理解させないような特殊な操作になっているので、初心者は他と互換性のない操作に慣らされてしまいます。
 Ubuntuなど有名なLinuxではmpeg,avi,wmv,rm,flvなどの動画ファイルも標準でサムネイル表示できます。この点ではWindowsの方が遅れていたのですが、ようやくWin7でLinuxに追いついたようです。

・日本語入力や外国語サポートもおなじ。
 しかし、手書き漢字入力はやや認識力に劣るし、標準の外字作成ツールはありません。ただ、Windowsで作成した外字はフォントファイルをコピーしてLinuxのフォントフォルダに入れれば使用可能。
 また、LibreOffice-Drawを使って既存の文字から外字を自作すれば外字のように文書に組み込むことができます。
 Googleが配布している「Google日本語入力」も使用可能、というより多くのLinuxの標準装備となっています。LinuxではMOZCと呼ばれています。
 
・Windowsとのメールのやり取りは問題なし。
 メーラーはWindows付属のものよりも優れているのでThunderbirdやSylpheedなどLinux出身のメーラーがWindowsでも活躍しています。また、かなり多くのメーラーがスパムメール学習機能を備えています。

・ネットの閲覧もとくに問題なし。
 WindowsでFirefoxやGoogleChromeを使っている人ならLinuxでも同じブラウザだから問題ありません。「お気に入り」なども簡単に移行できます。InternetExplorerの人はブラウザを変える必要がありますが、使いやすさや機能から言えば移行した方が有利です。
平成28年度の国の経済センサス活動調査をネットから回答しましたが、Linux環境のFirefoxで可能でした。
 楽天トラベルなど利用もLinuxで可能ですのでネットの買い物やホテルの予約などに利用できます。
 ただ、一部のサイトで未だにIEを指定するところがあります。

・USBメモリやカードリーダーなどの外部記憶装置の自動認識(ドライバ不要)もおなじ。
 差し込むと自動的にアイコンがデスクトップに現れる点はWindowsより使いやすいです。
 Windowsでは新たになにかUSB機器を差し込むと、いちいちドライバのインストールが始まって「使えるようになりました」と案内されるうっとおしさがありますが、Linuxでは差し込んだ途端に認識されて使えます。デジカメをUSB接続した場合も、USBメモリーとして認識されるので、即座にDCIMフォルダにアクセスできます。
 認識されたUSBメモリーはファイラーの左欄に製品名(または、容量別のメディア)として表示されます。WindowsのようにD:とかE:というようなドライブ名ではないのでわかりやすいし、抜くときも直接それを右クリックして安全に抜くための項目を選べばその製品名が消えるのでわかりやすいのです。

・クラウドもだいたいOK。
 DropboxやGoogleDriveなどとくに困らない程度に使えるので、Windows機とのファイルの受け渡しや知人や顧客に写真や動画を配布することもできます。
 ただし一部のものではLinux用の同期ソフトがないので、ブラウザを使った操作になります。もっとも、同期ソフトによって自分のHDに同期ファイルを置くのはHDの負担になるので、あえて同期フォルダが必要とはいえません。

  ・フォントの扱いも同じ。
 ただしライセンスの関係で当初入っている日本語フォントは数種のみ。市販フォントの追加は容易です。
 OSにかかわりなくフリーで使える日本語のIPAフォントなどが配布されているのでフォントで困ることはありません。

・WordやExcelなどのファイルはすべてLibreOfficeなどで読み込み・編集・同形式での保存も可能。
 マクロの継承でやや問題があるものの、Excelの関数は問題なく継承できます。PowerPointのファイルも多少位置ずれがあるものの実用に問題ありません。
 以前と比べてかなり互換性が高くなっていて、Word文書をLibreOfficeで開いても違和感がなくなりました。
 写真入りのWord文書をLibreOfficeのオープンドキュメント形式で保存すると、ファイル容量は小さくなります。
Libreofficeで作成した文書や表計算は、Libreoffice上でWordやExcel形式で保存することもできます。
 作成した文書をpdfファイルにする機能はMS-Officeよりも早くから取り入れられていましたが、後から編集可能なハイブリッドpdfも作成できます。
 また、スマホやタブレットでもLibreOfficeのファイルを表示・編集・連携できるアプリがあるので、比較的安いAndroidタブレットでも表計算や文書ファイルの持ち出し・編集も可能です。

・PhotoshopやIllustratorもGimpやInkscapeでほぼ代用可能。
 専門の仕事からいえば違いもあるかもしれませんが、一般の使用ではグラフィックの方面での差はありません。
 書店にもGimpやInkscapeの使い方の書かれた本があります。
 WindowsのソフトをLinuxで使えるようにするWineというソフトを使えばPhotoShopも使えます。
 ScribusというDTPソフトがようやく日本語に対応したので、曲りなりに印刷所に入稿できるCMYKファイルの作成も可能となりました。拡大してもギザギザにならないベクター図形もInkscapeで無料でできます。ただし、Illustratorの.ai形式のファィル作成には複数のツールを組み合わせないとできません。

・サイト構築もNvu・Kompozerで充分。
 初心者でもワープロ感覚で文字や写真を配置すればウエブサイトができます。
 LibreOfficeでもウエブサイト構築の機能があり、これもワープロ感覚で操作できます。

・サイトのアップロードで使うFFFTPもgFTPやKonquerorで代用可能。
 操作性は似ていますが、ミラーリングアップロード機能はありません。
 ただ、ミラーリングアップロード機能のあるFFFTPというWindowsのソフトは上記のWineで動きます。

・写真の焼付けサービスなどネット上のサービスもほとんど問題なく利用できます。
 あっという間にFirefox対応サイトが広がりました。

・扱うことのできる音楽・画像・動画形式もほぼおなじ。
 市販DVDも視聴可能。ただし動画では別途コーデックのインストールが必要で、いくつかのLinuxでは最初から組み込まれているものもありますが、そうでない場合でもワンクリックでインストールできます。

・YouTubeやGoogleVideo、ニコニコ動画などネット上の動画も問題なく見れるし保存も可能。
 FirefoxやGoogleChromeなどブラウザ上でできることはWindowsと同じです。ただ、Gyaoは特殊な操作をしないとLinuxでは見られません。
 YouTube専用の閲覧ソフトがLinuxにもあって、これだと広告もなく、検索、閲覧がスムーズです。

・GoogleやAdobeなどの無償配布ソフトもLinux用があるのですべて動きます。
 PDFファィル閲覧で広く使用されているAdobeReaderもLinuxの各形態にあわせたパッケージが配布されています。また、PDFファィルの作成機能はLibreOfficeなどに最初からついています。GoogleEarth(PCの機能に左右)やGoogleChromeあるいはSkype、Lastfmなどもインストール可能です。
 写真閲覧ソフトPicasaはLinux用の配布はなくなったようですが、Picasaよりも使いやすい写真閲覧ソフトがLinuxにはあります。

■Windowsと比べて有利な点

・ライセンスに縛られず、ほとんどが無料の世界。
 ほとんどのLinuxでは、OSはちろんその他のソフトウエアに一切お金は不要です。一般的に使用するほとんどのソフトウェアはLinuxの中に最初から組み込まれています。
 たとえば、オフィスソフトなどを別途に買ってインストールする必要はなく、インストール直後からワープロ、表計算、図の作成、データベースなどフル機能のオフィスツールが使えます。しかもそれらはMS-Officeの体裁とほぼ同じなので違和感はありません。
 また、DebianやUbuntu系Linuxには数万の追加フリーソフトも用意されていて、単一の方法で簡単にインストールでき、誰でも自由にコビーして配布もできます。
 ソフトではLinuxに不足しているものはありません。むしろ「LinuxのこんなソフトがWindowsにもあれば」と思うほうが多いくらいです。雑誌やネットで「Windowsの定番フリーソフト」「使えるソフト」として紹介されるものの多くがもともとLinuxで使われているものです。

・慣れればWindowsよりも使いやすい。
 ほとんどすべてのLinuxでは、20年以上前から仮想デスクトップが標準装備で、複数のデスクトップを切り替えて作業できます。
 一つ目のデスクトップで調べ物をしながら、二つ目のデスクトップで文章を書き、三つ目のデスクトップで写真の整理をする、といった使い方ができるので、個々のデスクトップが乱雑になりません。環境によっては別々の壁紙の設定もできます。
 また、アイコンの工夫がしやすく、色を変えたり、内容によって目印をつけたりできるし、外部のアイコンを使う場合も保存フォルダがわかりやすい場所にあります。
 ソフトを開くときのメニュー(Windowsのスタートメニューに相当)も、ソフトが分野別に分類されているので探しやすく、どの項目もマウスで触れるだけで説明が出ます。
 ソフトの追加も専用の管理ソフトから選んでインストールボタンを押すだけ。Windowsのようなセットアップウィザードに応える必要はなく、不要な「推奨ソフト」がこっそりインストールされることもありません。
 しかも、主要なLinuxではインストールされたソフトの情報を記録する機能があるので、OSの再インストールをした場合も、追加ソフトはまとめてごっそりインストールでき、「お気に入り」や「アドレス帳」など各ソフトの設定もすべて復活します。
 時計などデスクトップやツールバーに置く小道具(ウイジェット)もあらかじめ用意されていてワンクリックで設置できるし、それ以外にも専用のサイトからダウンロードできます。
 すべてのファイルとフォルダに所有者の権限でセキュリティの設定ができます。たとえば大切なファイルやフォルダを所有者以外に閲覧禁止や変更禁止にするのも簡単です。
WindowsXPまではzipなどの圧縮ファイルの解凍(展開)機能は標準装備されていませんでしたが、Linuxでははるか昔から標準装備で、圧縮ファイルを右クリックすれば解凍できました。
 
・強引でないアップデート方式
 Windowsでは何らかのアップデートがあると勝手にアップデートが始まり、電源をすぐに落とせないだけでなく、再起動までしてしまうようですが、Linuxではすべてのアップデートは、通知は頻繁にあるものの任意に空いた時間にまとめて行えます。
 アップデートはソフトのインストールと同じ統合管理システムで行うので、どんなに異なるアップデートやソフトも同じ操作でアップデートできます。
 また、Linuxではカーネルなどシステムの根幹部から末端のソフトまで、アップデートで再起動の必要もありません。ツールバーのアップデートマネージャーのアイコンをクリックして管理者のパスワードを打つだけです。アップデートの一覧が表示されるので必要のないものを除外することも可能です。

・インストールの容易性
 ダウンロードしたLinuxのイメージファイル(.iso)をCDやDVDあるいはUSBメモリーに焼いてからPCに入れて立ち上げれば、Windowsなど他のOSの入っているPCでもLinuxが操作可能(ライブCDとしての使用)です。多くの場合何も設定しなくてもそのままネットにつながっているし、LANでつながっているWindows機の共有フォルダへも設定なしにアクセスできてしまいます。周辺機器も大体認識でき、別途にドライバをインストールすることなく使用できます。
 そしてそのままLinux全体をHDにインストールできます。パーテションの切り分けも含め、ほとんどが30分前後でインストール可能です。有名なものを除けばごく一部にインストーラが日本語化されていないものがあるという事情を差し引いてもWindowsのインストールよりもはるかに簡単といえます。
後からソフトをダウンロードして追加する際も、専用パッケージならWindowsでのような解凍・セットアップの操作も不要。ワンクリックで最適な場所に依存関係を解決しながら解凍・インストールされ、Windowsのようにいちいちシステムを再起動する必要もありません。
 また、Windowsではよほど注意しないとインストールしたソフトにこっそり紛れるように余計なソフトがインストールされて日本語変換システムが変わってしまったりしますが、Linuxではすべてのソフトのインストールが単一の管理システムを通じて行われるので、そういう心配はありません。

・継承の容易性
 一度でも使用したソフトはホームディレクトリ(MyDocumentのようなところ)に設定ファィルが自動的に置かれる(隠しフォルダとして)ので、それらをホームディレクトリごとバックアップしておけば、OSを再インストールしても「お気に入り」やメールデータ、フォント、個別のソフトの設定などすべての設定は、それらのファイルを新しいホームディレクトリに戻すことで完全に復元できます。
 そしてどのLinuxもこうした構造は同じなので、異なる種類のLinuxに乗り換えても同じ環境が継承できます。
 後からインストールしたソフトも記録する機能があるので、OS入れ替え後に専用の管理ソフトによって100でも200でも、以前入っていたソフトのすべてがまとめて再ダウンロード/インストール出来ます。
 また、Windowsではバージョンアップで動かなくなるソフトも出てきますが、Linuxではそういう心配はほとんどないし、PCの能力に依存する部分を除けば同系列のLinuxならどれでも同じソフトが動きます。

・メンテナンスがきわめて楽
 Windowsでは日常的なデフラク(最適化)が必要ですが、Linuxではファィルの断片化が起きにくいので日常的なデフラグは必要がなく、標準ではデフラグツールもついていません。またWindowsのようにしばらく使っていると動作が重くなるということもほとんどありません。後からインストールしたソフトが勝手にレジストリを書き換えるなどということもないのでシステムはいつも安定です。

・ハードウエアの水準に応じた多様なLinuxが選べます
 Windowsで最新の機能を利用しようと思えば非常に高速で大容量のハードウエアが必要ですが、LinuxではWindows10並みの巨大なものもあればわずか100メガの超軽量のものもあります。
 壊れてさえいなければWindowsXP以前の中古PC(例えばCPUが500MHz、メモリーが128MBの)でも最新のLinuxがスイスイ動くものもあります。ましてXP以降のPCなら最新Linuxのどれかが必ず動きます。
 そのうえWindowsと異なりデスクトップ環境(操作画面)が独立したソフトだから、おなじLinuxでもハードの環境や好みに応じたデスクトップ環境を選択できます。3Dデスクトップから超軽量デスクトップまで多彩です。

・使うほどシステムが新しくなります
 Windowsでは最新のバージョンを購入しても、しばらくすると次のバージョンが出てきて有料でアップグレードしない限り古いものになってしまいます。インストール済みの個々のソフトウェアも同じ。
これに対してLinuxの主要なものでは、システムを構成するパッケージ(カーネルから個別のソフトまですべて)が毎日どこかで更新されていてそれが通知される仕組みになっているので、簡単な操作で自分のシステムを常に最新のものに維持できます。ある日いつものソフトを開いたら起動画面から体裁までが新品になっていたということもあります。
 WindowsでもFirefoxなどLinux出身のソフトを使っている方はわかると思いますが、新しいバージョンに次々に置き換わって行く。あれがシステム全体で行われているようなものです。ただし、ハードウエアが対応していないとか相性の問題でアップグレードできない部分もあります。
 こうしたアップグレードのやり方はAndroidのスマホによく似ています。それもそのはず、AndroidはLinuxの一種なのだから。
 Windows10からようやくLinux風の無料アップグレードを行うようですが、7や8.1から10へのアップグレードでもいくつかの不具合が出ているように、まだまだ完璧ではありません。
 Linuxでは昔から雑多なソフトを総合的統一的に扱うアップグレードのシステムができているので、この点でもWindowsと比べてはるかに安定しているし先進的です。

・ソフトウェアの使いやすさ
 Windowsで新しいソフトができてしばらくすると大体似たようなソフトがLinuxでも生まれます。これはLinuxのソフトが全世界の個人のボランティアによって作られていることによるもので、個人的な工夫が施されている分使いやすさを感じられます。たとえばKolourpaintはMSペイントに体裁からしてそっくりですが、使用できる色の中に「透明」というのがあり初心者には背景のカットが楽です。
 また、テキストの一部を範囲指定するだけでクリップボードにコピーされるので、貼り付けたい場所で中ボタンクリックするだけでよく、いちいち「コピー」と「貼り付け」を押す手間が省けます。これも多くのLinuxの共通機能で、これに慣れるとWindowsでのコピペが非常に鬱陶しく思えます。

・セキュリティ
 Linuxのデスクトップを狙ったウイルスがほとんどないので、ウイルス対策もアバウトでいいです。もちろんウイルス対策ツールもあるのでインストールすればさらにいいですが、ネット上でおかしなところにアクセスしないかぎり対策ツールなしでも問題ありません。脆弱性やバクなどの情報も各Linuxのサイトからえられるので、該当するソフトをアップグレードしておけばいいです。
 Linuxではすべてのファイルとフォルダに例外なく所有者とアクセス権が設定されているので、他人が勝手に許可されていないファイルやフォルダを開くことができないようになっています。

■Windowsと比べて不利な点

・原則としてすべて自己責任
不具合があった場合はネット上で同様なケースを探して自分で解決するしかありません。付き合いのある電気屋さんに頼んでもWindows以外わからない場合が多いです。ただ、致命的な問題は起きにくく、かりにそうであっても簡単に再インストールしたりLinuxの種類を変更することも容易です。
 一部の人気ソフトではネット上や書店に詳しい解説書がありますが、その他は適当に使ってみて肌で覚えるしかありません。(もっともWindowsでも解説書やマニュアルも読んだだけではわからないし、直接のサポートを受けても分かりにくいものです)

・初期設定が不完全なことがある
 市販のPCにプリインストールされたOSは、そのPCに合うように調整されていますが、Linuxの多くは多様なメーカーの中古PCに後からインストールすることを想定して、細かな設定や構成ができていないことがあります。
一部のLinuxで日本語入力ができないとか、音が出ないとか、DVDが見られないなどがしばしばあります。ただ、そういう場合の設定はごく簡単に設定できることがほとんどで、付属の設定ツールを起動して設定し直すとか、追加のソフトウエアをソフトウエアセンターなどからインストールするだけで解決します。
DellなどのメーカーからLinuxをプリインストールしたPCが販売されているようですが、こういうものはすでに設定できています。

・ネット環境やドライバでの問題
 また、ホテルなどのネット環境では有線なら差し込むだけで問題なくつながります。市販の無線LANカードやPC内蔵のものもほとんど使えます、非常に古いPCでは対応できないことがあります。
 USBでPCに接続する周辺機器ではLinuxに対応しないとするものが多く見られます。ただ、カメラやUSBメモリのようにデータを読み込むだけで特殊なドライバに依存しないものなら「Linux対応」と書かれてなくても使用できます。また、専用ドライバが必要なものでもしばらくするとLinux側(個人で公開しているものも含めて)でドライバなどが供給されることもあります。
 個人用のプリンターはLinux用のドライバが各メーカーから配布されていますが、事務用のプリンター・コピー・ファックス兼用機では別途にPSカードのようなものが必要です。
 カーナビなどとの連携アプリはLinux用はありません。ただしWineや仮想ドライブで動くかもしれません。
 私の場合、CarrozzeriaのHDカーナビに音楽を入れるのに、Linux内に仮想ドライブを作ってそこにWindowsXPをインストールし、Windows専用のカーナビ連携ソフトを使っています。これもWindowsで直接行っていた時と比べると、Windows独特のあのうっとおしいUSB接続認識過程がなく、つなげてすぐに認識するので、むしろ使いやすくなりました。

・一部ソフトウェアの不完全性
 一般的なオフィスソフトやグラフィック、マルチメディア系、ネット系ソフトはかなり洗練され安定してきて不具合はほとんど感じられませんが、できて間もないソフトだとバグが多く使用中に突然終了したりフリーズしたりすることはよくあります(システムに影響しないので心配はありませんが)。また、前記した動画のコーデック以外にも一部プラグインが利用できないこともあります。
 クラウドソフトではLinux版がないものがあります。DropboxやMEGAはLinux版もありますが、GoogleDriveは不完全な第三者のソフトしかありません(ブラウザからは利用できます)。EverNoteも専用ソフトがなくNixnoteという代用品(結構使いやすいが)しかありません。ただ、私の環境ではWineというソフト上でWindows用のEverNoteが普通に動いています。
   

どのような場合にLinuxの導入が適しているか

・PCが複数台ある場合
 とくにWindows専用ソフトにこだわらない場合は、1台をWindows専用として残し、それ以外をLinuxに移行することをお勧めします。とりあえず1台にLinuxをインストールして、うまくいったら徐々に広げる方法がいいと思います。また使わなくなったPCはその能力にあったLInuxの種類を探してインストールすると見事に生き返ります。とくにネット専用機としては最適です。

・WindowsのPCを処分する場合
 WindowsではPCとOSが同時に古くなり、動作も緩慢となります。しかしそうした古いPCもLinuxに入れ替えれば最新のOSを動かせるのです。とくに重くて動きが緩慢だったWindowsVistaのPCは能力としてはかなり高いものなので、最新で高機能なLinuxが余裕で動きます。
 WinXPのPCでも軽量な最新Linuxでよみがえりますので、捨てる前にLinuxを検討すれば余計なお金を捨てなくて済みます。

・PCの使い道が限定されている場合
 インターネットを見て、メールをやり取りし、文書を作成し、写真やビデオを整理し、古い記録やデータを整理し、スマホなどと連携するといったごく一般的な目的でPCを使うのなら、Windowsである必要はまったくありません。
 Linuxで完全にカバーできるのに、数年ごとのWindowsのバージョンアップに付き合うのはお金の無駄というものです。

・安くPCを導入したい場合
 新品のPCではOSがインストールされていないものだと価格がかなり安くなっています。WinXPが普通に動く能力のPCならどの種類のLinuxでも問題なく動きます。3DデスクトップのLinuxでもさほど重くありません。ただし、ノートPCでは特殊な仕組みが多く、場合によってはインストールが難しい場合もあるので、できるだけ癖のないDOS/V機がお勧めです。
 また、Linuxをプリインストールした機種を売っているところもあります。
 中古PCでは、WinXPの入ったデスクトップ機が1万円前後で多数出回っているし、ノートPCでも2万円前後で能力的に十分なものが手に入るので選択肢は割合多いです。

・小規模な団体での一般的な使用の場合
 団体として初めてPCを設置したり買い換えたりする場合、とくにWindowsでなければならない理由がなければ、貴重な会費をOSや有料ソフトに使うのはむだというより会員への背信行為に近いとさえ言えます。
 共同で使用する場合も、ユーザーの設定やファイル・フォルダごとに権限の設定が容易なLinuxの方が有利です。
 また、会員同士必ずしも個人のPCのWindowsのバージョンが一致しているわけでもないので、最新のWindows機を導入した場合チラシの原稿などのファイルのやり取りでファイルが開けなかったりすることがあります。現在そういう状態でないとしても将来のバージョンアップを一律に強制することも費用が必要なだけに問題です。
 Linuxを標準にすれば、どのOSの会員も無料で対応できます。かりに当面Windowsということであっても、せめてオフィスソフトなどの基本ソフトは誰でも手に入るオープンソースを標準にすべきです。

よみがえった中古PC

 かなり古い中古PC(CPU500MHz/メモリ128MB)に超軽量のPuppyLinuxをインストールしたら最新のブラウザやオフィスソフトがスイスイ動くようになり見事に復活しました。仮想デスクトップも使えます。
 しかもOpenOfficeやAdobeReaderも追加でインストールできてしまったので、Windowsとのやりとりも問題ありません。しかも立ち上げたとたんにネットにつながっていて、LANでつながっていたWindows機の共有フォルダもマウントしていました。わずか100MBそこそこのシステムでよくもそこまでできるようになったのかと驚いたものです。
---- その後

Linuxの導入が適さない場合

 たった1台のWindows機を使用していてその環境への依存度が高い場合や、Windowsでしか動かないソフトに依存している場合はHDへのインストールはおすすめできません。
 こういう場合はライブCDやUSBメモリにインストールしたものに限定すべきです。ライブCDの場合、HDにインストールした場合よりも動作が重いが、USBメモリーと組み合わせればデータや各種設定を既存HDに保存せずにすみます。軽量なライブCDのなかには一旦メインメモリーに全体をコピーしてメモリーだけで動くものもあり、これだとかなり軽く動きます。
 ただ、ハードディスク容量やメモリに余裕があれば、HDを分けて1台のPCに異なるOSを共存させたり、VMwarePlayerなどの仮想化ソフトを使ってWindows上でLinuxを動かすという手もあります。また、UbuntuやLinuxMintでは、他のソフトと同じようにWindowsにインストールして動かせるものもあって、これだと複雑な設定なしで共存させられます。

「デスクトップ環境」が選べる

 前記したようにLinuxではデスクトップ環境(操作画面)は独立したソフトであって、デスクトップ環境なしでコマンドのみでも動きます。しかしデスクトップ環境がないと私のような素人ではうまく使いこなせません。
 現在、Linuxで最も一般的なデスクトップ環境はKDEとGNOMEです。KDEはWindowsによく似た雰囲気のデスクトップ環境で、ほとんどWindowsと同じ要領で操作できる多機能なデスクトップ環境です。これと双璧をなすのがGNOMEですが、Windowsからいきなり移行した場合、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。
 どちらも多機能ですぐれたデスクトップ環境ですので、ライブCDなどで試してみて肌に合うものを選べばいいのです。また最近では、WinVistaよりも手の込んだ3D機能も登場し、メモリに余裕がありそれなりのグラフィクボード搭載の機種では動作可能です。
 軽量なデスクトップ環境で多く使われるのがXfceやLXDEで、操作性も見た目も多機能なデスクトップ環境と比べても遜色はありません。
 最も軽量なデスクトップ環境(IcewmやJwmなど)では一部日本語化されていないものもあますが、見た目もきれいで操作上もとくに困ることはほとんどありません。一部のディストリでは、最初からいくつかのデスクトップ環境がセットされていて起動時に選べるものもあります。
 Linuxのデスクトップ環境では、Windowsデスクトップによく見られるような多くのショートカットアイコンは置いてないことがほとんどです。それはすべてのデスクトップ環境でメニューの中でソフトウェアがすでに整然と分類整理されていて、取出しが容易だからと思われるからです。だからデスクトップに置かれるショートカットアイコンはファィルやフォルダのものだけで充分なのです。
 また、ほとんどのデスクトップ環境ではかなり以前から標準で仮想デスクトップが採用されていて、いくつかのデスクトップを切り替えて使えることもWindowsにはない工夫の一つです。
 さらに、最近のWindowsデスクトップで見られるウイジットという小道具も、LinuxではSuperKaranbaというツールでほぼ同じものが実現できています。

Linuxを手に入れるには

・書店などで買う
 人気があるLinuxや注目されているLinuxは、Linux関係の解説書や月刊誌にCDやDVDの付録となってついています。また、電気店などの安価なソフトウエア販売コーナーではTuboLinuxなど有償(といってもかなり安い)のLinuxが販売されています。サポートつきの有償のLinuxは安定したアプリのみで構成されているので安心感はありますが、その後自分で不安定版やテスト版のアプリ(流行のアプリが多い)を入れようとする場合は苦労することがあります。
・ネットからダウンロード
 いくつかのサイトから多くのLinuxが配布されているが、当サイトで紹介している「ライブCDの部屋」がもっとも手に入れやすいです。とりあえずいくつかライブCDに焼いておけば、現存するPCで試用できるのだからそれからゆっくりと選べばいいのです。
 なお、ライブCDを焼くときは、ダウンロードしたLinux(ISOファイル)をCDまたはDVDに「イメージとして焼く」必要があるので、これができる焼付けソフトが必要です。市販ソフトならほとんどその機能があるが、フリー(無償)のものもあるのでネットで探せばすぐ見つかります。イメージとして焼かないと、たんにISOファイルをCDに保存しただけとなり、それをCDドライブにいれてPCを起動してもLinuxは立ち上がりません。
・私に頼む
 それほど多くない数なら私がライブCDに焼いてあげてもいいです。ただし、多少の時間と多少の手数料をいただくかもしれません。

関連情報の入手法

 書店に行けば代表的なLinuxの説明書が売られています。1冊ぐらいは基本的なものを買っておくとよいいでしょう。しかし、ネット上でもかなりの情報を得られます。
 前記したWikipediaのLinuxの項目からかなりのサイトが紹介されています。また、各Linuxや個別ソフトの説明や使用方法もGoogleあたりで調べれば困りません。さらに掲示板・質問サイトではLinuxでの困り事もかなり多く載っています。Linuxそのものがオープンなものであるのだから、多くの人々の知恵を少しずつ集めることがいいように思います。また、一つのことを完璧にマスターしようと思わずに、わかった分だけで実行し、また別の情報を得、アイデアを広く共有することがLinuxの精神にもつながります


Linuxの種類 おもなソフトウェア

Link Linux 初心者の会
「Linuxはそんなに難しいのか」を検証するブログ