Linuxで使われる主なアプリケーション

LInuxのほとんどのアプリケーションは個人または非営利的なプロジェクトが作っています。原則としてソースが公開され、誰でも無償で使え、配布もできます。
以下に主なアプリケーションを紹介します。これらの多くは主要なディストリビューションに最初から組み込まれていますし、後からインストールもできます。

インターネット関係
Firefox
ネットブラウザ
Mozillaのブラウザ部分が独立したもの。Windowsでも人気のタブブラウザ。拡張機能が豊富でYoutubeの動画のダウンロードや翻訳、PDF書き出しなど豊富な拡張機能が好みで簡単に組み込めます。また、本体も拡張機能もアップデートが自動的に送られてくるので常に最新のバージョンが維持できます。
Debian系ではIceweaselと表記。
Chromium
ネットブラウザ
Google Chromeのオープンソース版。Mac OS X (10.5以降)、Windows (XP SP2以降)にもインストールできます。
Thunderbird
メーラー
Mozillaのメーラー部分が独立したもの。Windowsでも人気のメーラー。迷惑メール学習機能があり、自動的にゴミ箱に放り込んでくれる。
Debian系ではIcedoveと表記。
Sylpheed
メーラー
国産できびきび動く軽量メーラー。x-faceという小さな自作シンボル画像を送付先のメーラーの枠に表示できます。Windows版も人気があります。
最近では迷惑メール学習プラグインもあるのでThunderbirdが重いと感じる方にはおすすめ。
Sylpheedに発展的な変更を加えたものがClawsMailです。
Nvu (KompoZer)
ホームページ作成
MozillaのHTMLエディタ部分が独立したもの。ワープロ感覚でホームページが作れます。Windows版もあります。
Konqueror
ネットブラウザ
「コンカラー」と読みます。Windowsのファィルマネージャー・エクスプローラにブラウザ機能をつけたようなもの。ファイル操作をしながらネットもそのまま見られます。また、画像エディタ、FTP転送ソフトにも変身します。
Konquerorのブラウザ部分を独立させたものがRekonqですが、細かな部分でKonquerorと異なる動作をすると言われています。
Midori
軽量なブラウザ。日本製ではありませんが日本語の名前が付いています。日本語で利用できるWindows用パッケージもあるようですが、不具合があるようです。
Dillo
超軽量なブラウザ。多機能ではありませんが低スペックPCでは助かります。
オフィス関係
LibreOffice
総合オフィスソフト
 ・ワープロ
 ・表計算
 ・プレゼン
 ・ドロー
 ・データベース
 他
非営利のTheDocumentFoundationが配布する無料のオフィスソフト。ワープロ、表計算、ドロー、数式、データベースなどの機能が統合されています。
国際標準のオープンドキュメント形式のファイルを基本としますが、WordやExcel、PowerpointなどMS-Officeの各ファイルでの読み込み書き出しができます。
バージョン4.0からはPublisherも読み込めるようになり、4.2からはWordなどの読み込みでのレイアウトの崩れも目立たなくなりました。動きも一段と機敏になりました。脱MS-Officeに着実に前進しています。
普通のPDFだけでなくあとから編集可能な「ハイブリットPDFファイル」の出力機能やベクター画像を扱う機能もあります。最新版では電子署名にも対応したようです。
データベースも安定してきたので、顧客情報、名刺管理など実用性が高くなりました。
Windows版、MAC版もありますので、各OSにいれておけばファイルのやりとりに支障がありません。
日本も含む世界各地の自治体や団体が徐々にMS-OfficeからLibreOfficeへの移行を開始しているようです。
Androidのアプリにもオープンドキュメントを表示・編集、あるいは遠隔操作できるものも出てきました。スマホ(XperiaZ1)とタブレット(Nexus7)で動くのを確認しましたので、割合新しいアンドロイドのタブレットPCならこのアプリでLibreOfficeの表計算や文書ファイルを外に持ち出せます。
なお、市販でマニュアル本もあるようですが、LibreOfficeに移行したJA福岡がここでマニュアルを配布しています。
当社の広報紙はこのワープロで作っています。
OpenOffice.org
総合オフィスソフト
 ・ワープロ
 ・表計算
 ・プレゼン
 ・ドロー
 ・データベース
 他
MS-Office互換のオフィスソフト。LibreOfficeの起源となったソフトです。
OpenOfficeもLibreOfficeも、同じような能力のPCならWindows上よりもLinux上のほうが機敏に動きます。
Gnumeric
表計算
Excel互換の独立した表計算ソフト。軽量ディストリの方はこちらを。
Windows版もあります。
AbiWord
ワープロ
Word互換の独立したワープロソフト。軽量ディストリの方はこちらを。
Dolphin
ファイル管理
KDEでよく使われるファイラー。よく使うフォルダの登録や作業エリアの分割、写真・動画のサムネイル機能が標準装備。
すべてのファイルやフォルダのアイコンに選択マークがあるので、ランダムに複数のファイルを選択可能。アイコンを掴んで移動するとその都度コピーなのか移動なのかを聞いてくれるので分かりやすい。しかも、一度移動やコピーをすると、右クリックで出てくるメニューにコピーと移動の行き先が表示されるので、次回からは選択したアイコン上でそれを選ぶだけ。
アイコンやサムネイルはシームレスに拡大縮小可能です。「情報」領域を表示させれば、写真のプレビューや情報表示、音楽・動画ファイルの再生もできます。
だた、現状ではDropboxのファイル操作はできますが共有操作に対応していないので、これを使う場合は下のNautilusを利用したNautilus-dropboxというパッケージをインストールする必要があります。
Nautilus
ファイル管理
UbuntuなどGnome でよく使われるファイラー。よく使うフォルダの登録や作業エリアの分割、写真・動画のサムネイル機能が標準装備。mp3などの音楽ファイルでもアイコンに触れるだけで音が出ます。アイコンの移動やコピーはWindowsと同じ。
Scribus
チラシやパンフ
チラシやパンフを作るためのパプリッシングソフト。Windows版(NT/XP)もあります。まだ発展途上。
ただ、商用印刷で使われるCMYKの色設定やPDF/xよる書き出しができるので、LibreOffice-DrawやInkscapeなど他のソフトで作った.eps原稿をScribus経由でPDF印刷原稿にできます。
Windows版で上記機能を動作させるには、別途にネット上からGostscriptとAdobeのiccプロファイルのインストール(無料)が必要です。
KOrganizer
予定表
カレンダー、タスク、予定表ソフト。
Evince
pdfファイル閲覧
Adobe Readerよりもすばやく立ち上がるPDFファイル表示ソフト。
Bluefish
プロジェクト管理もできるテキストエディタ、兼HTMLエディタ。
Leafpad
超軽量機敏なテキストエディタ。ShiftJIS、UTF、EUCなど幅広い文字コードに対応するので他OSとのテキストのやり取りで困りません。
IPAフォント
フリーな日本語フォント。フリーだからWindowsなどLinux以外にもインストールできるのは当然。各OSにいれておけばファイルのやりとりで文字の変化がありません。
当社はWindwsのPCも含めて基本のフォントにしています。
グラフィック関係
GIMP
画像処理・描画
The GNU Image Manipulation Programの略。
Adobe Photoshopに相当する高機能描画ソフト。プラグインも豊富で影つきロゴや半透明ボタン、アニメの作成なども容易にできます。
PhotoShopとアイコンなどはほぼ同じですが、操作画面がやや異なるのでPhotoShopになれた人の場合は馴れるまでは一定の時間が必要です。マニュアルは書店でも見つかります。
Windows版・MacOSX版もあります。
Pinta
画像処理・描画
Gimp並のことができる軽量グラフィックソフト。
Gimpの立ち上がりが遅いと感じる人にはお薦め。Gimpが立ち上がる間に「往復ピンタ」できます。
KolourPaint
Windows付属のペイントにそっくりの描画ソフト。しかもペイントより高機能。
Inkscape
ベクター画像
Adobe Illustratorのようなベクトル画像(拡大縮小しても荒くならない画像)作成ソフト。
jpgやbmpなどのビットマップ画像を自動トレースしてベクトル画像に変換する機能もあります。
eps、pdf、svgなどで保存可能。トンボ(プリントマーク)などの機能もあり、印刷原稿の作成も可能です。Windows版もあります。
当社の広報紙のイラストや印刷用にページを並べたPDFファイルを作るのに使用しています。
Blender
3D画像作成ソフト。Windows版、Mac版もあります。
Gwenview
画像ビューア。
KSnapshot
今見えている画面を画像として切り取るソフト。
digiKam
写真管理ソフト。Googleが配布しているPicasaよりも軽快でタグ管理などが楽。
音楽・動画関係
Amarok
タグ編集機能やアマゾンからのカバーの自動ダウンロードなど多機能なオーディオプレーヤー兼管理ソフト。 iTunesのような体裁でiPodなどのデバイスにも対応します。
Audacity
曲の波形編集やエフェクトを行うソフト。録音の悪い昔の曲をきれいにするにはかなり使えます。
Windows版もMac版もあります。
Grip
音楽CDから曲を取り出してmp3などに変換するソフト。
Audacious
Linuxでは昔から使われてきたオーディオプレーヤーXmmsを引き継ぐ軽量音楽プレーヤー。
Streamtuner
世界のネットラジオを聞くソフト。キーワード検索で放送局一覧を表示、MP3として録音もできます。
UMPlayer
Mplayerをベースにした総合マルチメディアプレーヤー。最初から各種コーデックを搭載しているので市販DVDやmpeg,avi,wmv,rm,flvなどの動画が見られます。
また、Youtubeの検索窓があるのでウエブブラウザを開かなくても動画が検索・再生できます。煩わしい広告も出ません。
インストールして立ち上げると自動的に日本語化されます。Windows版もあります。
Kaffeine
DVD動画プレーヤー。
WinFF
各種動画や音楽を他の形式に変換するソフト。
YouTubeの動画を簡単にwmvやmp3に変換できます。
Avidemux
動画編集、変換ソフト。動画の不要部分を切り取ったり、複数の動画をつなげたり、音声だけ取り出して編集した後に再結合することもできます。Windows版もあります。
Kdenlive
動画編集ソフト。動画に字幕を入れるのが直感的に行えます。テキスト形式の字幕ファイルを作らずに付属エディタで作る字幕・タイトルファイルを動画のタイムラインに貼り付ける形。
Kino
ビデオ動画編集ソフト。
VLC
多様な動画を再生できるので、WindowsやMacでもYoutubeの動画再生フリーソフトとして使われています。DVDに焼き付けるための動画の.isoファイルをそのまま再生できるので、自作DVDなどは.isoファイルとして保存しておけば、いちいちDVDを挿入しなくてもDVD動画を鑑賞できます。
LinuxでもDVDディスクから.isoファイルを抽出するソフト(k9copyやdvd::ripなど)があります。なお、市販DVDからの.iso抽出は著作権に触れます。
その他
K3b
CD/DVD焼付けソフト。一般的な動画DVDなどの中身を取り出して保存、再焼込みもできます。
Gparted
ハードディスクのパーテション設定・切り直しソフト。
Synaptic
ネット上で公開されている2万以上のソフトの中から必要なものが簡単にインストールできるDebian系共通のパッケージ管理ソフト。Debian系に人々をひきつける主な要因の一つ。
簡単な操作でアプリを検索、ダウンロード、インストール、アップデート、管理がまとめてできます。
UbuntuやUbuntu系ディストリでは、スクリーンショットや日本語の説明を増やすなどしてこれをさらに使いやすくしたパッケージ管理ソフトも装備 されています。これだとどんなソフトが今インストールされていて、どんなソフトがさらにインストールできるのかということが非常に分かりやすくなっていま す。
一旦これを使うとWindowsでのアプリのインストールが非常にうっとうしく感じられます。
Wine
WindowsのソフトをLinuxで走らせるソフト。まだ発展途上ですが、かなり良くなってきています。
設定フォルダのなかにCドライブやProgramFilesといったWindows風の環境を作り、WindowsソフトのSetup.exeを起動するとそこにインストール。各種ゲームやWin版PhotoShopのCSなどが動くといわれています。おなじみのNotepadとIE(英語版)が最初から入っているのがすごい。
私の環境(Wine1.6)では、AdobeのPhotoShopElements、ファイル転送ソフトFFFTP、ラベルメーカーが配付している「ラヘル屋さん」などが普通に動いています。
簡単なソフト(.exe単独で動くもの)は、ダブルクリックだけでかなりの確率で動きます。
これまでの発展のあり方から次期バージョンに期待。
Qemu
Virtualbox
稼動しているLinux上に仮想的なハードディスクを作ってそこに別のディストリやOSをインストールして動かすソフト。HD内のisoイメージを指定すれば別ウインドウの中で他のOSが動きます。ただし、メモリーはその分消費しますので1GB以上のメモリーでないと実用性はありません。
使っていないWindowsをインストールして動かすこともできます。ただし、使用中のWindowsのCDを別途に仮想PCにインストールするとライセンス違反となります。
Virtualboxの場合、マウスのポインターが仮想ドライブ上のOSのウインドウ内と背後の親OSのデスクトップとの間でシームレスに操作できるなど使いやすくなってきています。
主なデスクトップ環境の種類
KDE
K Desktop Environmentの略。Kの文字に意味はありません。
バージョン3までは画面左にアイコンが並び、画面下端には帯状のパネルがあるというように、Windowsの過去のデスクトップによく似た構成でしたが、バージョン4からはWindows7を意識したような体裁となりました。
バージョン4が画期的な内容を持ちながらも重くて未完成な部分も多かったので安定性で定評のあるGNOMEに移行した人が多かったようです。しかしバージョン4.5からは飛躍的に改善されたようで、UbuntuやLinuxMintの最新KDE版では軽快に動きます。
GNOME
GNU Network Object Model Environmentの略。
「アプリケーション」とか「場所」といった日本語がパネルに並んでいて、非常に分かりやすくスッキリした構成。メニュー上のアプリケーションにも説明がつけられ初心者でも使いやすくなっています。
安定性が高く各種設定も分かりやすいので、KDEからGnomeに宗旨替えする人も多かったようです。
最近のGnomeはUbuntuのようにOSXを意識したような形になってきて、それを嫌う人の間では、LinuxMintに見られる従来のGnomeを継承するMateとかCinnamonといったGnome派生のデスクトップも人気が出ています。
Xfce
KDEやGnomeと比べて軽量なため低スペックPCにむいています。しかし機能は充実していて、GNOMEやKDEなどにひけをとりません。プラグインを入れれば動画ファイルもサムネイル表示できます。
UbuntuではXubuntu、LinuxMintではLinuxMint-xfceというように有名どころのLinuxもxfceタイプを配布しています。
LXDE
KDEやGnomeと比べて軽量なため低スペックPCにむいています。
UbuntuではLubuntuというタイプがありますが、Knoppixは標準でLXDEが採用されています。
上記のデスクトップ環境は、ウインドウマネージャー、ファイルマネージャーなどが統合された統合デスクトップとも呼ばれますが、これ以外にも FluxboxIcewmなどウインドウマネージャーがデスクトップを構成している軽量軽快なデスクトップ環境もあります。
つまり、同じディストリビーションでもデスクトップ環境を換えることで手持ちのPCにあわせて使えるのです。この多様性がLinuxの最も大きな長所です。